らっきょう

Rakkyo

photo

 

鳥取県と 福井県の特産品!

カリカリと食感が特徴のニラの仲間!

らっきょう酢を作って、漬けこんで食べます。

らっきょう酢の作り方

酢・・・500cc(純米酢・黒酢・醸造酢のどれかでOK)
砂糖・・・150g
はちみつ・・・50g
水100cc
塩少々

材料すべてをスレンレス性の鍋に入れて一煮立ちさせます。

その後常温で冷まして完成です。簡単ね!

 

簡単?な、らっきょうの漬け方

【材料】
らっきょう‥‥1kg
塩‥‥20g(塩漬け用)
唐辛子(種をとって小口切り)‥‥2本
らっきょう酢(市販でもOK)‥‥700mlぐらい


下処理

1kgの土付きらっきょうをバラしながら、土をよく洗い落とす。
ひげ根は、包丁で根元ギリギリを切り落とす。
ポイントとしては茎は少し残す程度に切り落とす。切りすぎると切り口が広くなる分、
甘酢がしみ込み過ぎて柔らかくなり、歯ごたえが悪くなります。かといって長く残しすぎると筋っぽくなります。 難しいところです。

手早く洗う

流水で洗い、ザルに上げる。水を吸いすぎないように 手早く洗い ましょう。水を吸いすぎるとカリカリの食感が失われます。



下漬け

一つかみの塩(約20g)をらっきょうにまぶし、一晩置く。
水分を出して芽の成長を止めます。忘れると大変なことになるので注意!

水洗いして塩を流し、ザルにあける。
これはサッと洗う程度でOK!

熱処理

鍋にたっぷりの湯を沸かし、ザルごと10秒間くぐらせたあと引き上げて湯を切り、冷まします。 その後らっきょうを水気を切ったビンに入れる。



本漬け

らっきょう酢を、らっきょうがよく浸るまで注ぐ。ここで唐辛子。種をとって小口切りにした唐辛子を入れ、ふたをする。 2〜3日間は、たまにビンを大きく振って混ぜます。

熟成

冷暗所に置いて10日後には食べられます、3週間後からさらに美味しくなります。